ホワイトニング

くすみ・汚れの原因

表面的な汚れ
汚れの原因となる物は、茶渋、赤ワイン、コーヒー、コーラ などのカフェインの入っているもの、喫煙(ヤニ)お醤油、カレー等の着色性の強いものなどが挙げられます。
歳を重ねるうちに…
歳を重ねると共に、象牙質の厚みがまし、徐々に歯の色が濃くなっていきます。そのため、歯が黄ばんでみえたりします。
テトラサイクリン
妊娠中の母親や子供がテトラサイクリンという抗生物質を服用すると横じま模様に着色したり、全体的に茶やグレーに着色されることがあります。 この場合ホワイトニングではかえって縞模様がはっきり出てしまうこともあります。
神経のない歯

神経を無くしてしまった歯や歯をぶつける等して外傷を負った歯は、通常のホワイトニングでは白くなりません。歯の裏側から穴をあけてホワイトニングの薬剤を注入する方法もありますが、歯の健康を考えると あまりお薦めできません。

こういった状態の歯は、ホワイトニングとは別の方法で修復します。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、薬剤を使って歯を漂白する方法です。アメリカでは非常にポピュラーな方法として、一般家庭にも定着しています。

しかし、日本においては、現在のところ法律上、一般家庭において自ら漂白をする事は出来ません。

歯科医師の指導管理のもと行わなくてはいけません。クリニック内で、歯科医師が薬剤を使用して行うオフィスブリーチと、歯科医師の指導のもと患者さん自身が薬剤を用いて行うホームブリーチングがあります。

歯の状態や環境によって最適な方法を、相談の上選択して下さい。