口臭

口臭

口臭の原因

においの元になる原因はたくさんあるのですが、口臭は生理的口臭と病的口臭の二つに分かれます。生理的口臭は人間誰でも持っている口臭のことです。タバコを吸った時の口臭、寝起き時の口臭、お酒を飲んだ時、 ニンニクや納豆、タマネギなどを食べることによる口臭も生理的口臭です。

一般生活で誰にでも起こり得る口臭が生理的口臭です。朝起きた時の口臭が気になるのは唾液の分泌量によって起こります。食事をとり歯磨きをすることで口臭は気にならなくなります。

病的口臭は身体の疾患が原因で起こる口臭です。

このうちの約9割が虫歯や歯周病(歯ぐきの疾患)など、口腔内の病気が原因とされています。口腔内以外の原因としては鼻(蓄膿症など)や胃(胃潰瘍など)の疾患、また糖尿病などがあげられます。

病的口臭の場合は治療しないと口臭が収まることはありません。

この場合、口臭は他の病気の症状として出るため歯磨きやうがいなどで改善されないようであれば、病院での治療が必要になります。

口臭の予防

口臭の予防はとても簡単です。朝起きたら朝食を必ずとり、歯磨きを行うこと。ただそれだけです。

虫歯や歯周病の予防にもなりますし、朝食をとることは健康にも繋がります。

まめなブラッシングを行いましょう。

歯磨きのコツはなるべく小さいヘッドを選び小回りが利く歯ブラシを使用するようにしましょう。

磨く場所は歯と歯ぐきの境目を重点的に磨き決して強く磨かないようにしましょう。

強く磨きすぎると歯ぐきを逆に痛めてしまいます。軽く当てる程度、マッサージをする感覚が望ましいです。

人を不快にしてしまう口臭。自分では気づきにくいですが、1日1日のお手入れを心がけましょう。